地域活動ホームって?

ここでは地域活動ホームについての紹介をします。

障害者地域活動ホームは昭和55年(1980年)に、障害福祉の地域拠点となることをめざしてスタートした横浜市独自の制度です。

最大の特徴は、「幼児から大人までを対象としている」ところにあり、障害の程度や年齢を問わず、様々な暮らしの支援をしていくことを目的としています。

障害のある方が日中利用する「地域活動支援センター事業」や、いざという時に地域の障害児者や家族の生活を支える「生活支援事業」、困った時の相談窓口「相談支援事業」、地域住民の方々との関わりと理解を深める「地域交流事業」など実施する他、「障害児地域訓練会」への支援等を行っています。

昭和55年から活動ホームの設置助成制度が始まり、平成6年までに市内に23館が完成しました。その後、17年度にかけて22館の活動ホームが作業所型(従来型)から機能強化型へと移行し、上記の事業を基本として運営を行っています。

 現在市内に地域活動ホームは41ヶ所あります。(機能強化型 23ヶ所 法人型 18ヶ所) 一度見学にいらして下さいネ。